【システム開発】システム運用とシステム保守の違い

【システム開発】正常にシステム運用していくには保守が必要

システム運用、保守について

ITシステムに関わる現場では頻繁に出てくる言葉ですが、
その違いや定義となると明確に答えることが難しい言葉です。
基本的な違いを説明します。

システム運用:システムが停止しないように管理してこと
システム保守:システムに不具合があった時に対応すること

 

「運用」は、日々システムを動かすこと

ーーー
システム運用とは、「日々、システムを動かしていく作業」です。
サーバを起動・停止したり、決まった時間にデータを入力したり、
このような定型化されたオペレーションを確実にこなすことで、
システムが提供するサービスを滞りなくお客様にお届けます。

そのためにはシステムを「監視」し、状態を常に把握しておく必要があります。
一般的には、障害発生時に対応手順書に従った暫定対処を実施し、
サービス提供を維持するのも運用の範囲です。

 

システムに変更を加えるのは「保守」

ーーー
対して、システム保守は「システムの改修や調整、修理をする作業」です。
システムに変更を加えるのが、運用と大きく違う部分です。

例えば、バグの改修やデータベースのチューニングをはじめ、
サーバ機器のリプレースも保守の作業範囲に含まれます。
また、機器故障や想定外の動作といった予測が難しい事象への対応も、保守の重要な役割です。
対応が定型化できない問題を運用から引き取り、
根本解決までもっていきます。

 

「運用」と「保守」の定義は多少の違いがある

システムの安定稼働が大きな目的です。
運用部門と保守部門の役割を明確にし、うまく連携することが重要となります。

 

システム保守はなぜ必要なのか?

ーーー
システムは稼働してから色々なトラブルが起きます。
システム運用開始後に起きる代表的なものとして、
システムの不具合(いわゆるバグ・障害)があります。

 

一定期間システムのテストを継続した後は、
例えまだシステムにバグが含まれている可能性があったとしても、
それを検出するためには膨大な時間とコストがかかります。

システム運用中に障害は発生するものなのです。

 

緊急時の対応が行える体制が必要

もちろんシステムの障害もそうなのですが、システムの利用ユーザーが使い方を誤ってデータの修正が必要になるようなこともあります。
色々な要因でサーバーがダウンしてしまうようなこともあります。
そんな時でもすぐに対応がとれる体制が必要なのです。

 

データのバックアップが必要

必要なデータを消してしまった等、何かの理由でシステムのデータを
少し前の状態に戻さなければならないことがあります。
そんな時にはデータのバックアップがないと手の打ちようがなくなります。

 

まとめ

ーーー

どれだけ保守性の高いシステムを開発したとしても、
障害の可能性がゼロになるわけではありません。
いざ非常事態が起きてしまうと何も対応できずにトラブルが深刻化してしまうこともあります。
非常事態が起きた際の対応や、トラブルを深刻化させないためにも、
システム運用する中で、保守していくことが必要不可欠なのです。

 

ブログを通じてシステム開発に関する情報を随時更新していきます。

 

見積の要望や費用の悩みのご相談など随時受付してます。(無料)
https://buono-inc.jp/contact/

気になったお客様はぜひお問い合わせください!
BUONO株式会社広報担当でした。

ーーー

<BUONO株式会社について>

社名:BUONO株式会社
設立:平成24年3月
所在地:東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル新館9F
事業:システム開発、ウォーターサーバー、プリンターレンタル、コストカットコンサルティング
資本金:9,000万円(資本準備金を含む)

https://buono-inc.jp/
ーーー