必見!FileMakerの機能紹介!!初級編!第二回!!

必見!FileMakerの機能紹介 〜初級編〜!! 

2回目!!!

 

こんにちは!

BUONO株式会社広報担当の鈴木です!

今回も、FileMakerの開発機能について紹介します。



前回は、「フィールドの作り方」でした。

 

今回は、「レイアウトのモードについて」紹介していきます!

 

この記事は、このような方々を対象としてます!

・FileMakerのことをもっと良く知りたい!

・FileMakerのレイアウトのモードが良く分からない。

・FileMakerのことで相談したい。

 

本記事を読めば、このようなスキルが身につきます!

・FileMakerのレイアウトモードの使い分け

 

それでは本日も、システム開発担当のケンゾーこと吉野から説明させていただきます!

 

レイアウトモードとは?

FileMakerには、「ブラウズモード」、「検索モード」、「レイアウトモード」、「プレビューモード」の4つのモードが存在します。

モードは、[表示]メニューから選択することができます。

モードにはそれぞれの用途が存在しています。

 

ブラウズモードについて

FileMakerのブラウズモードでは、表示されているデータを編集することができます。

ブラウズモードでは、データベース内のレコード表示、追加、変更、除外、または削除ができます。

FileMakerの特徴は、データを編集したものは、自動で情報が保存されます。

例えば、下図1レコードにある「テスト太郎」を「abcd」に編集した場合、「abcd」を上書きし保存されます。

レコードを移動したり、他のフィールドへ移動すると、編集した内容が確定されてしまいます。
レコードを移動したり、他のフィールドへ移動しない限り、ショートカットキー「ctrl + z」を押せば編集前の内容に戻ります。

 

検索モードについて

検索モードでは、データの検索を行うことができます。

例えば、上図のように3レコード存在しているデータがあるとします。

画面上部の「検索」と記載のある検索アイコンをクリックすると、検索モードになります。

検索したい条件をメールアドレス欄 (オレンジ枠) に入力し、画面上部「検索実行」ボタンをクリックすることで

指定した条件で検索が行われます。

※今回「メールアドレス」が「aaa」のレコードを検索しています。

 

検索結果

文章で書いてあると分かりづらいですが、画像があると然程難しくないように思えるでしょう。

 

プレビューモードについて

FileMakerのプレビューモードとは、「印刷プレビュー画面」のことを指します。

印刷を行うためには、画面上部「プレビュー」ボタンをクリックします。

印刷プレビュー画面に切り替わります。

画面上部「印刷」ボタンをクリックすると印刷することができます。

「用紙設定」ボタンをクリックすることで、印刷する用紙やプリンタの設定ができます。

 

以上が「レイアウトのモードについて」のご紹介でした。

 

FileMakerは、開発初心者の方でも難易度の低いツールですが、とても奥が深く、

作り込めば、会社を支える基幹システムにもなり得ます!

 

弊社では、既にFileMakerを導入していて、保守をお願いしたいというご相談も承っております。

FileMakerのことであれば、弊社にお任せくださいませ。

https://buono-inc.jp/contact/

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

次回は「FileMakerの初級編 第三回目」です!